不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

中古マンションの買取再販業者

都内では新築マンションの価格が高い傾向にあり、売主や販売会社も販売に苦戦している。

それに比べて、中古マンションは新築マンションに比べて、価格優位の強みがあり、今後も年間の成約数は落ちないだろう。

 

買取再販業者が中古マンションを買い取って、リフォームやリノベーションをしてから販売している。(軽微なリフォームやクリーニングのみで現況のまま販売していることもあるだろう)

 

首都圏と近畿圏の中古マンションの年間成約数は平成26年度において約5万件、国内全体でみても7万件から8万件位ある。

 

 

中古マンションの成約数の1/10は買取再販業者による成約数となる

 事業者が中古マンションを購入し、リフォームを行ってから販売する、いわゆる再販マンションの年間成約戸数が8000戸という調査結果が発表された。

矢野経済研究所、マンションの買取再販の市場規模発表

中古マンション買取再販の年間成約数は落ちていない。都内では、中古マンションの仕入れ競争があいかわらず過熱している。 

 

 

新築マンションの売れ行きは今後、鈍くなるかもしれない。

国は既存住宅の市場流通を促進しており、中古マンションの市場規模が拡大していくことは十分に考えられる。

 

 

 

 

不動産仲介会社を通して、中古マンションの買取再販業者に依頼されることが多い

 

売却査定してくれる不動産仲介会社を探すのはわりと簡単である。

大手不動産会社、駅前の不動産会社、物件近くの不動産会社に依頼してもよいし、一括査定サイトなどを利用することもできる。

 

 

fudosan-kyokasho.hatenablog.com

 

ただし、個人の方が買取再販業者を探すのは大変である

 

中古マンションを買い取ってくれる業者として、下記の業者がネット上でも多くあがっている。

インテリックスは東証一部に上場してる企業であり、またリノベ再販会社としても、有名である。

 

・インテリックス

・トータルエスコート

・エフステージ

 

・シンプレクス・リアルティ

・クレステート

 

 

買取業者に依頼するメリットとして、下記があげられる

・契約日や決済日がはやい、売主都合のスケジュールにしやすい
・仲介手数料がかからない(直接取引の場合)
・瑕疵担保免責、引き渡し後に設備などの不具合が発生しても売主責任はない

中古マンションを買い取ってもらう、お勧めのマンション買取業者

 

もしも、中古マンションの買取業者を探すならば、自分でも査定依頼をしてみても良いだろう。

 

仲介手数料がかからないという点が、大きなメリットになる。

 

不動産を安く仕入れできるアパホテルの強み

 

繁華街で飲み歩いていると、色んなところでアパホテルが建設されてるのを見かけるようになった。

経営が至極順調なのでしょう。

 

アパホテルの創業者は、創業当初に不動産販売の事業をおこない、後にマンションやホテル、レストラン事業を手掛けるようになっていったようだ。(wikipedia参照)

 

創業者が信用金庫出身ということで、不動産の仕入れや融資に関してもプロフェッショナルであり、自ら土地建物を所有していて他のホテルグループよりも圧倒的に利益率が高い。

 

 

また、土地の取得の方法もアパホテルならではのやり方がある。

避けられやすい変形地を積極的に取得したり、景気情勢が悪いどん底の時期(リーマンショック後)に不動産を買い集める等・・・

逆張りのプロフェッショナルである。

 

アパホテル、驚異の利益率33%を稼ぐ仕掛け

開発手法は一貫しており、リーマンショック後に売りに出た安値の変形地を買い集め、ホテルを建設するのだ。不動産専門誌の記者は「大通りから一歩入ったような土地が多く、オフィスにしても高い賃料がとれない物件ばかり」と指摘する。

 

そこらの不動産業者では仕入れもアパホテルに敵わないでしょう、アパホテルは仕入れの成功法を熟知されています。

 

アパホテル社長「不動産は買いたいときに買ってはいけない」

私たちは、不動産を景気が大底のときからキャッシュで買ってきました。最近では6、7年前が一番の底で、そのときから皇居の周りの土地を60カ所ほど買いました。そこに今、ホテルやマンションを毎月のように建築しています。もちろんサイクルで見れば、オリンピックの後には必ずオーバーホテル現象になります。そうなったら、ダメになったホテルをさらに買えばいい。

 

不動産の仕入れを行う上で、キャッシュで不動産を買いたい時に買えるというのは、非常に大きなアドバンテージとなります。

 

 

一般的に住宅を買う方の多くは、結婚や出産・子供の進学時などに購入します

 

タイミングが決まっているせいか、不動産を安く購入することは出来ないですね。

 

安くなったときに不動産を購入して、高くなった時に不動産を売ることが出来るのは、不動産業者・その他法人・投資家でしょう。

 

 

 

不動産を安く仕入れできるかどうかは、売主事情や景気状況など様々な要因によって左右されます

 

ただ、仕入れ資金を常に確保していれば、不動産を安く仕入れできるチャンスが訪れたときにすぐに動けば、相場よりも安く購入することが出来るのです。

 

だらだら動いていたら、他の不動産会社や投資家にもっていかれてしまいますからね。

 

 

私が勤めている不動産会社では再建築不可物件や狭小地を積極的に買っています。

他の不動産業者が手を出さないからこそ、安く仕入れがしやすいのです。

 

 

ただ、景気情勢や不動産の市況が悪くなった時に、積極的に仕入れできるかというと、それは難しいでしょうね。

 

買取再販の業者は、リフォームしてからの再販ということで短期売買が多く、不動産市況が悪くなれば、売ることも難しくなりますからね。

仕入れの動きも鈍くなってしまうのです。

 

 

 

不動産屋を襲撃した事件に懲役判決

去年の3月に大手不動産チェーンで起きた、斧を持った男による襲撃事件。

 

こわすぎる・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

不動産店おの襲撃 男に懲役11年判決

不動産仲介会社「エイブル新宮店」で女性店員ら2人をおので襲うなどしたとして、殺人未遂罪などに問われた無職西村圭二被告(57)の裁判員裁判で、福岡地裁は2日、懲役11年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

 

 売買とちがって、賃貸は大きな金額の買い物でもないし

不動産会社に対してムカつくことはあれど大きな恨みをもってしまうトラブルは少ないだろうに。

 

なぜ、こんな事件が起きてしまったのだ・・・

 

「良い物件は-」言いつつ不動産店員2人斧で切りつけ、男逮捕「殺そうとした」と供述 福岡県警

男は店内で女性店員に「良い物件はないか」と話し掛け、店員が後ろを振り向くと、かばんからおのを取り出し、カウンター越しに後頭部を切りつけた。さらにカウンターを乗り越え、別の女性店員にも切りつけた。

 

あまりにも狂気な事件

 

お客さんがいきなり斧を持って切り付けてきたら、誰だって滅茶滅茶トラウマになってしまい、会社辞めてしまうだろうな( ;∀;)

 

 

 

 

10年近く前に、繁華街に近い賃貸会社に数か月ほど勤めていたことがあります

 

その賃貸会社は水商売、生活保護、フリーター・無職のお客さんなど

審査が厳しいとされる属性のお客さんを積極的に呼び込んで対応していましたね。

その賃貸会社には、審査を通すためのマニュアルが用意されていたほど。

 

今はもう倒産して、その賃貸会社はなくなってしまいましたが。

 

そんな賃貸会社だから、得体のしれない仕事をしてるお客さん、ぶっ飛んでるお客さん等がたまに来店されてました。

 

得体のしれない仕事をしてるお客さんが来店すると、カウンターの空気もピリピリするんですよ。

話が出来る人なら良いけど、いきなり威嚇しながらお店に入ってくる人もいるんです。

 

・得体のしれない仕事をしてる人(おそらく、金融か、風俗か、詐欺系、違法系)

お金は持ってるから何とか審査を通してくれとアピールしてきます。

こういうお客さんは丁重に対応して、機嫌を損なわせることなく帰ってもらう作戦しかありません。

 

質の悪い輩だと、『ここまで足を運んでるのに、帰れるかいっ!どうしてくれんじゃい!』と駄々をこねます。

こういうお客さんにあたると、1日を無駄にします。体力と精神がかなり疲労しますからね。

 

 

・無職の方でぶっ飛んでる方

たまーにぶっ飛んだ方が来ることはあるのです。

もちろん審査が通る物件を紹介できなく、お断りしてもまったく帰ってくれない。ひたすら無言でお店の入り口に居座る。

その時は、仕方なく警察を呼ぶことになってしまいました。やっぱり、体力と精神を疲労することになり、1日仕事が手につかなくなります。

 

 

 

繁華街の不動産会社、どんなお客さんでも集客する不動産会社は、

いろんな事件が起こりますから、大変でしょう。

 

エイブル新宮店はどうだったか、わかりませんが。

指値交渉は簡単には成功しない

不動産を購入するときに、指値を入れることがあります。

 

鬼の指値、指値のテクニックなどとネット上でも色々と公開されていますが、

 

指値が通るかどうかは、テクニック云々ではなく、売主次第でしょう。

 

指値とは・・・販売価格よりも、安い価格で購入を意思表示する

 

私が勤めている会社でも、売主物件としてathomeや不動産ジャパン、home'sなどに掲載をすることがあります

 

売主の立場として、この指値をする気満々で内覧に来られる投資家のかた、非常に多いです。そして、非常に面倒な気持ちになってしまうことがあります(笑)

 

『〇〇万円だったら買う!』この一声だったら、楽なのですが、

 

この指値をテクニックをされてるようなのかわからないのですが

 

『う~ん、この床はダメだなぁ~』

『う~ん、サッシと外壁のリフォームでお金がかかってしまうなぁ~』

 

買いたいけど、安くしてくれぇっていう気持ちがびしばし伝えてくるかたも多いです(笑)

そして、無駄に内覧時間が長い。

 

あまりに内覧時間が長い場合には、『安く出来ませんよ』ってはっきり伝えることになりますが。

そりゃ、そこまで安くなるんだったら、誰だって買いたくなるさ(*_*

 

 

私も、昔は買取査定をするときに、

仲介会社の担当者の前でだらだらと物件のダメ出しをしながら、内心安くしてくれないかなぁ~っと内覧時間を長くとっていました。

 

今では、『具体的に〇〇と〇〇の箇所が悪い、駅から10分以内で立地が良い、道路付けが悪い、なので〇〇万円だったら、当社で買い取ります。』

というふうに簡潔に金額を出すことが多い。

 

 

話が逸れたが、業者売主物件だったら指値はあまり受けてくれないだろう。

 

 

指値が成功するのは、指値のテクニックが必要なのでなく、

 

売主が誰なのか、売主の売却事情

 

それにつきると思う。

 

売主が不動産業者、買い替えの方だとしたら、指値は成功しづらい。

 

 

指値が成功しやすいのは

 

売主が相続で所有している方、売り急いでいる方でしょう。

 

買い手が、売主は誰なのか、売主の売却事情を知るのは

簡単ではありません。

 

 

だからこそ、

不動産会社と仲良くなっておく、不動産会社と付き合いを日ごろから持っておくのが大事ですね。

 

 

""指値が通りやすい不動産""と思える情報が入ってくることがあったとして、

在庫が多くお腹いっぱいの場合には、不動産会社としても買取を見送ることもあります。

 

そういう場合には、付き合いがある投資家や知人に声をかけることもありますし。

 

 

 

賃貸で住みたい人気の駅に赤羽が急浮上!? ほんとに!?

 

JR京浜東北線と埼京線が通っている赤羽

 

東京の玄関とよばれることもある。

 

僕が育ったのも赤羽である。

 

駅前のアピレやビビオ、イトーヨーカドーはしょっちゅう親と買い物するときに訪れていた。

 

ビビオの中に入ってるゲーセンには、小中の頃でよく出入りしてたものである。

 

 

 

どうやら、僕の地元である赤羽が人気急上昇中のようである。 ほんとかいな!?

 

不動産情報を扱うオウチーノ総研が、オウチーノの賃貸サイトへの2016年のアクセス数を基にランキングを発表した

赤羽が急浮上、吉祥寺は転落...賃貸で住みたい駅最新ランキング

オウチーノという賃貸サイトのアクセスのランキングによるもので、他の不動産ポータルサイトでは結果も違うだろうけど。

 

 

僕の知人や友達の界隈では、赤羽に住んでいる人又は住んでいたことがある人はいない。

 

 

でも、最近はテレビでも赤羽を取り上げられることが多い(ような気がする。)

 

 

赤羽駅前は10年前から15年前に比べたら、再開発がおこなわれ東口・西口ともにめちゃめちゃ綺麗になってます。

 

昔からある東口駅前の噴水広場も整備されていて、この噴水広場は待ち合わせのスポットとなっていますね。

 

駅前に大型スーパーやショッピング施設が多くあり、また居酒屋や定食屋、薬局もあって、住みやすいです。

 

総戸数3000戸以上あった赤羽台団地も着々と建て替え工事がすすんでいて、ヌーヴェル赤羽台というUR賃貸物件に生まれ変わっています。

 

赤羽駅周辺は間違いなく住みやすいと思います。

 

 

でも、あえて赤羽の悪いところ(イメージ)をあげてみるとする。

 

あくまで僕の赤羽に対するイメージである

 

治安が悪い

ここ10年から15年で街の治安が改善されてるかどうかはわからないが、

 

飲み屋さん(キャバクラ)もあるし、風俗街も近いし、噂の愚連隊グループがあるし

赤羽の地元意識が強い輩も多いし、治安も悪いんじゃないですかね。

 

あくまで僕の赤羽に対するイメージです。

 

 

家賃が高い

赤羽ってけっこう家賃高いんですよね。決して家賃が安い街ではないんですよ。

 

赤羽駅から離れて埼玉寄り・高島平寄りの位置になってくると家賃も安くなるけどさ。それだけ赤羽駅から10分以上歩くことになるし、また閑散とした位置になってしまう。

 

しつこいようだが、赤羽駅から徒歩10分以内の賃貸物件は安くはない。

 

 

満員電車がしんどい

朝の埼京線、京浜東北線の混み具合は異常。

埼玉方面から東京にやってくる人がめちゃめちゃいるから、しょうがないのかな。

中学高校時代に、京浜東北線と埼京線に乗ってた頃の満員電車のトラウマがまだ抜け切れていない。

 

どこの路線も朝の満員電車はしょうがないだろうけど。

 

 

そういうことで、僕は赤羽に住みたいと思うことは全くない

 

 

家賃が隣駅の川口と同程度あれば、住みたいとは思いますけどね

 

 

 

土地家屋調査士と司法書士との飲み

先日、仕事上で付き合いのある土地家屋調査士と司法書士とお酒を飲んできました。

年に1回から2回程度のお開きです。

 

私含めた3人はキャラの違い、考え方の違い、年齢の違いもあってか、

お酒の場では盛り上がっているのか盛り上がっていないのか、わからない空気感が漂うことになります。

 

  • 40代に突入したばかりの土地家屋調査士
  • 30代後半にさしかかっている司法書士
  • 30代前半の不動産営業マン

 

皆、独身であれば女性の話をしておけば飲み会の雰囲気も良くまとまりやすいものですが、私を除いて2人とも既婚者で、すでに子供もいる。

 

司法書士の方はお金儲けと女性というキーワードには反応が薄く、どちらかというと社会貢献の為に働きたいという堅物の方です。そんなお方には、決してこちらからお金儲けや女性の話は一切できません。

 

土地家屋調査士の方は親の代から仕業を営んでいて、自分の代で不動産投資や副業などを行っていて投資業への関心がめちゃめちゃ高いです。そして、この方はお金儲けの話には、めちゃめちゃ目をぎらつかせて聞いてくれます。

 

私はというと、お金儲け(不動産投資)の話をするのも聞くのも大好きである

 

この3人が集まると、お堅い司法書士もいるし、わりと仕事上の話になってくる。

 

司法書士や土地家屋調査士の方は、

『法務局のスタッフの対応が我々に対しては冷たすぎる、この前も〇〇法務局のスタッフと喧嘩になった』だの、『不動産業者は変な人が多い・・・』や『測量の件で、トラブルが発生した・・・』などの話をしていましたが

 

そういう不動産業とも関連がある話を聞けると、お酒が非常に美味しく感じられるもの。

 

もちろん、私生活の話もするのだが、年齢や家族構成の違いもあってか、たいして盛り上がらず。

こういう時に、子供の話や家族の話をして盛り上がりたいと思うのだが・・・・いかんせん私は独身です。

もちろん、はやく結婚をしてたいし、でないと、いつまでたっても・・・

 

大学の友人にも、『はやく結婚してくれ。そういう話をしていきたいから』なんて言われる始末だし。

 

 

そういえば私は大学卒業してから、異業種交流というものを全くおこなっていなく、他の業種の方とお酒を飲む機会が全くないですねー

 

異業種交流があるとしたら、合コンの時ぐらいです。

 

でも相手が女性ですから、仕事の話は大してしてませんね。

 

よくお酒を飲む相手として、昔の同僚や先輩方が多い

 

同じ不動産業であれば、休日(水曜日)の前日である月曜日や火曜日に飲むことが多い。不動産営業マンが金土に飲むことは少ないのである。

 

 

大学の友人と飲む機会があっても、やはり金曜日に合わせることが多い。

 

まぁ、とにかく、今年は異業種の方との飲み会を増やしていきたいものだ。

 

異業種の方との飲みは楽しいものだ

 

せめて、休みが土日だったら良かったな。

 

 

googleの検索アルゴリズムの変動が起きる【不動産業界に影響は・・・】

2月3日、googleウェブマスター向け公式ブログが更新されました。

 

 

数か月ぶりに公式ブログで検索エンジン最適化(seo)のアナウンスである

 

 

自社サイトのみで収益をあげている不動産業者はこのようなアップデートが起きるたびにドキマギしていることでしょう。 

athomeやsuumo等の集客に頼ることなく、自社サイトのみで集客はかってる賃貸仲介の経営者は苦労が絶えないです。特に自社サイトが生命線である空中店舗の場合では、なおさら。

 

 

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

日本語検索の品質向上にむけて Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

巷では、welqアップデートともいわれています。

 

welqやmeryに似ていたキュレーションサイトが今週に入ってgoogle検索で順位が下落しているからだ。

おそらく、googleはオリジナリティが少ないコンテンツを大量に生成しているキュレーションサイトやまとめサイトなどを狙い撃ちしているのだろう。

 

実際に、次のようなサイトで検索結果ランキングが一気に下がったという。
RETRIP、MARBLE、KAUMO、マーミー、MARCH、GIRLS Slism、curet、恋愛jp、Linomy、こいぴた、カラダノート、健康生活。
先にあげたキュレーションメディアの特徴を持つサイトが目立つ。

グーグルが検索アルゴリズム改善を発表 「キュレーション」系メディアがランクダウン

 

googleの検索アルゴリズムの変動は毎年起きます。

 

 

ここ10年以内に起業した不動産会社は、googleの検索結果を意識しているはずです。大手不動産会社も例外ではないけど。

 

なにせ、自社HPのgoogle検索順位が1位、2位にあれば、それがもたらす利益は非常に大きいものだから。これは不動産以外の業界でもそうだろう。

建築、解体、リフォーム、脱毛、エステ、飲食店、通販、アパレル...etc

どの業界でも自社HPの検索順位の向上を狙っている会社は沢山あるはず。

 

 

私の知り合いで不動産会社を創業した人はここ数年で4人いるが、全員創業してからseoや自社サイトについて勉強している。パソコンに疎い人でもだ。

seoという言葉を知らずとも、社長業をやっていればHPやseoの営業は沢山くるから、いずれ知るようにはなるんだ。

 

 

ただ、seoの間違った情報が氾濫してるから、正しい情報を得て正しい方向でサイト運営が出来ない人も多い。

特にseo(被リンク)の営業に騙されちゃう人が多い

 

 

 

1.長文の記事 2.大量の記事の生成 3.更新の頻度

最近では、この3つを守ればgoogleの検索結果では上位表示されやすいが、

オリジナリティが無いコンテンツばかりだと、今回の検索アルゴリズムの変動もあって順位が落とされやすくなるかもしれない。

 

しかし、被リンク重視となると、またアフィリエイトサイトが大量に出てくるだろう。

 

長文記事かつ大量の更新が重視される・・・キュレーションサイトが上位表示されやすい

被リンクが重視される・・・アフィリエイトサイト、seo業者のサイトが上位表示されやすい

 

 

独自性や、価値、魅力のあるサイトをつくるのは、賃貸や売買のサイトでは困難ですからね。特に仲介の売り上げがメインの会社では。

大量の物件情報を入力して、日々更新して、コンテンツを入れてる不動産会社のサイトが今のところ検索上位に表示されてるようです。

 

賃貸で独り勝ちしてるところでいえば、モダンスタンダード

物件名で検索すれば、かならずこの不動産会社のサイトがでてくる。

都心ではタワーマンションや高級マンション、シリーズマンションが多く、物件名で検索する人も多い。

 

売買だと、中小の不動産会社ではあまり目立ったサイトは無いんですよね。

アフィリエイトサイトが多く上位表示されている。特に売却や査定関連のキーワードであれば。

 

 今回のwelqアップデートでは、あまり不動産売買や賃貸のキーワードに影響は無いですかね。

キュレーションサイトよりも、アフィリエイトサイト(ランキングサイト含め)がなくなったほうが影響が大きいでしょう。