読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

不動産営業マンの住宅購入事情

 

お客さんの立場として、

 

不動産営業マンは住宅を売ってるけれども、その彼らは住宅を購入しているのか?

 

気になったことはありませんか? だって、自信満々に営業してくるじゃないですか。

まあ、自信をもって営業してることはいいことだと思うんですけどね(笑)

 

 

  • 賃貸営業マンならば、色んなマンションに住んだ経験がある
  • マンションの販売営業マンならば、マンションを買っている
  • 土地や戸建ての仲介営業マンならば、注文住宅や建売住宅を購入している
  • 投資マンションの営業マンならば、何戸も投資不動産を所有している

 

というか、購入した経験が無いにもかかわらず、、自信満々で『買ったほうがいいですよ!』と営業してくる20代前半から半ばの営業マンが、どんだけ多いことか!(笑)

仕事だから、しょうがないですけど!

 

ただ、お客さんの立場として、よりお客さん側の気持ちを理解しててほしいという感情はあるわけですよ

 

僕が保険に加入する、車を購入する、などの立場であれば

 

営業マンの方はなるべく、自分でも色々と保険に入っていたり、車好きで色々と車に乗ってきた経験がある人が良いもんなぁ。

できればの話ですけどね。20代前半の営業マンにそんなことは求めないですけどね。

 

不動産に話は戻りますが、

 

中小の不動産会社の営業マンって・・・給料良くないんですよ。

賃貸、売買どちらの業種も・・・

 

だから、都心の賃貸の営業マンは色んなところに住んだり引っ越したり、っていう経験がとぼしいです。

タワーマンションに住んだり、デザイナーズ物件に住んだり・・・そんな経験ある賃貸の営業マンは殆どいないでしょう。賃貸の営業マンで家賃が高いところに住めるのは、役員・社長ぐらいでしょう。

 

不動産売買やマンション販売の営業マンでも、不動産を購入したり、マンションを購入して住んでる20代の営業マンは少ないでしょうね。

 

多くの不動産営業マンは下記のような経験がないのです。お客さんには下記のようなことを求めますけどね!

  • 自分自身が住宅ローンを組んだり
  • 売買契約書にサインをしたり
  • 数百万円という手付金(自己資金)を支払ったり
  • 大金を払う一生の買い物に頭を悩ませたり

 

まあ、結婚していないと、そのような住宅を購入する機会は持たないのもしれませんね。

 

だって、私自身がそうですから。

 

私も2年に一度は賃貸マンションの引っ越しをしていますが、まだ住宅は購入していません。今年、32歳ですけど、まだ結婚していないのです・・・

 

私の周りの不動産営業マンの独身者はほとんど、住宅を購入していないですからね。

独身者だと、なおさら、しょうがないか・・・

  • 40代マンション販売の課長
  • 30代後半 不動産営業マン
  • 40代マンション販売の社員
  • 30代前半土地の営業課長

 

でも、最近、私は家を買おうかなぁ~ってレインズをチェックすることがあります。

 

30代後半ぐらいになったら、家を買ってもよいかなぁと思っています。

 

やっぱり、家賃もったいないし、独身だけれども、2LDKから3LDKぐらいの広いところに引越したいですからね。