読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

無職・フリーター・派遣社員はお部屋が借りられない? 賃貸営業マンの本音を明かします

賃貸

 

無職なのか、フリーターなのか、派遣社員なのか、でお部屋が借りられるかどうか変わってきますけど。

 

f:id:fudosan-kyokasho:20161202060030j:plain

 

まず、フリーターの方からお話しします。

 

 

お部屋が借りられるかどうかは、ご本人の働き方と家賃次第ですね。

 

そりゃ、家賃が安ければ借りやすいですよ。自分の収入に見合った、家賃であれば問題ないです。原則、収入の1/3以下。理想は1/4から1/5以下。

 

フリーターといっても、人によって収入や勤続年数、職種がバラバラですからね...

 

安定して月収があるなら、正社員じゃなくても、全然借りられますよ。

 

直近3か月における、1月分の平均給与が家賃の3倍以上稼げてるなら、営業マンも本腰入れて探してくれますよ。

 

でもね、

  • 給料明細をもらえてない、
  • まだ働きだしたばかり、
  • 毎月の給料が安定していない

となると、

賃貸営業マンも、お部屋を探すのは難しいかなぁと思ってしまいますね。

 

フリーターと言っても、月収20万円から30万円以上安定して稼いでいる方もいれば、10万円未満の方もいらっしゃいます。

 

人によりますよね。

 

 

派遣社員や登録社員の方にも、同じことが言えます。

 

毎月、安定した収入があれば、営業マンは本腰入れてお部屋探しをしてくれるでしょう。

 

ただし、

  • まだ働きだしたばかり
  • 休職中
  • 給料明細が出せない

となると、難しいですね。

 

 

最後に無職の方・・・

 

無職の方は、働いていない事情がバラバラですからね。

 

・東京に上京予定の方(一時的に無職になってしまう)

・海外から帰国予定の方

・会社を辞めてしまい、寮を出なければいけない方

・事情があって、休職中の方

 

一番楽な方法は、親(社員として働いてることが前提)に契約してもらうことですよ。

 

賃貸物件の20%から30%ぐらいは、親契約、本人入居者として相談できると思います。

親の勤務属性やご本人の内容次第で断られることもありますが。

 

 

本音言っちゃうと、上京予定や帰国予定の方を除いて、多くの無職の方は

 

仕事を先に見つけてから、お部屋はさがしたほうがいいですね。

 

 

あと、もう知られてる情報だと思うんですけど、

貯金・貯蓄があれば、UR賃貸物件は相談できます

 

今まで継続的な収入額が足りなくて、UR賃貸住宅のご契約を諦めていた方に朗報です。これは、現在お持ちの貯蓄額が一定額(基準貯蓄額)以上あればご契約いただけるという制度です。ご希望の住宅の家賃の100倍以上の貯蓄額(基準貯蓄額)があれば、お申込みいただけます。例えば、家賃7万円のお部屋をご希望の場合は、700万円以上の貯蓄額があれば、ご入居できます。また、一定額以上の継続収入がある方であれば、家賃の50倍でも入居できます。

転職で会社を辞めたけど、UR賃貸住宅に申込めるかな?貯蓄はあるけれど…。

 UR賃貸物件は、家賃の100倍以上あれば、無職でも申し込みができます。

 

UR賃貸物件は、保証人なし(保証会社利用なし)、礼金なし、仲介手数料無し、更新料無しで、良心的ですからね。

 

僕自身はUR賃貸住宅に住んだことないんですよね。

 

 

無職や休職中の方で、UR賃貸住宅にはもう住みたくない。

民間住宅で良い物件を探したいです。

 

って方が、たまにいらっしゃるんですけど

 

民間の賃貸住宅はで、貯金だけで相談できる物件は殆ど無いです。しっかりとした保証人がいれば、別ですが。

 

貯金だけでも入居相談できる民間の賃貸住宅は、まれですよ。家賃が安くて、個人家主の物件であればあったりしますけど。でも、まれですよ、まれ。