読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

空き家入居すると、子育て世帯や高齢者に月4万の家賃補助が出る!

 

本日の日経新聞のトップに掲載されていましたね。

 

国土交通省は空き家に入居する子育て世帯や高齢者に最大で月4万円を家賃補助する。受け入れる住宅の持ち主には住宅改修費として最大100万円配る。早ければ2017年秋に始める。子育てや高齢者の生活を住宅面から支え、深刻になりつつある空き家問題の解決にもつなげる。

空き家入居に月4万円補助 子育て世帯や高齢者

 

借主(子育て世帯や高齢者の方)に対して、月4万年の家賃補助が出るらしい。

所有者に対しても、最大100万円の住宅改修費が出るようだ。

2017年秋に開始されるようですが。

 

 

気になるのは、家賃補助や改修費の支給を受ける為に、

借主や所有者はどのような要件を満たす必要があるのか

 

 

あくまでも僕の予想なのだが、下記のような要件になってくるのかな。

 

・所有者は個人(法人は対象外)

・子育て世帯は所得制限あり、高齢者は年金収入が一定金額以下の方

 

住宅改修費の補助金として

・バリアフリー改修工事、耐震改修工事であれば、改修費として補助金を出す

 

 

上記のような要件になってくるのであれば、

あまり空き家問題の解決に繋がらないのではないかな。

 

それに問題は東京の空き家でなく、地方の空き家でしょうね。

 

東京の空き家を所有して困っている人は処分してしまえば、いいんですよ。

 

平成28年度税制改正で空き家の発生を抑制するための特例措置も創設されたんですからね。この特例措置を活用したほうが良いにきまってます。

不動産取得費がわからなくても、税金が多く発生しないってことです。

f:id:fudosan-kyokasho:20161206135303j:plain

問題は地方の空き家

 

100万円という金額では、ぼろぼろの空き家をリフォーム、または建て替えできないですし。

 

地方の空き家を100万円程度のバリアフリー改修したところで、借り手がつく?

 

子育て世帯や高齢者の世帯が入居してくれるのかな?

 

 

 

東京だったら、賃貸の需要があるだろうけど。

 

「まだ生活保護の支給を受けたほうが良い」と思ってしまう低所得世帯の方は多いんじゃないかな。

 

 

田舎の空き家問題はむずかしい

 

不動産業者であるわたくしも、地方の空き家は買取りできないしタダでも引き取りはしないだろう。。

地元の不動産業者がどうにもできなかったら、どこの不動産業者でも無理だろう。

 

タダでも処分したいって方、本当に多いんですよ。

そのような土地に建ってる建物は、築年数もかなり経っていてボロボロなんで、100万じゃリフォーム無理です。

500万から1000万リフォームかけないと、または建て替えしないと、どうしようもない築古物件。

 

土地建物をタダでもいいから処分したい...というご相談が多いから、もったないなぁと思ってしまうんですけどね。

 

でも、どうしようもないですよね。