読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

不動産売却益を狙うなら2017年に売るべき!?売り時はラストチャンス?

 

東京の中古マンションの価格成約件数は2013年から4年連続、上昇していました。

 

 

新築マンションはどこも価格が高くなってしまい、マンションによっては中々売れない現象が2016年には起きていたでしょう。

 

中古戸建ての価格成約件数も2015年、2016年は上昇していました。

 

 

 

f:id:fudosan-kyokasho:20170105113802j:plain

 

確かに2年前は中古戸建てやアパートの仕入れがしやすかったが、ここ最近はどこの仕入れ業者も高買いしてるせいか、仕入れが難しくなっている気がします。

 

ただし、仕入れを高く行っていた不動産会社が、仕入れた物件を売れてるのかというと、そうでもなさそうです。

銀行の貸し出しが厳しくなっていて、買い手はいるのだが投資ローンが通らないという話を聞きますね。

 

トータル的に各アナリストの見解をまとめると、価格の上昇はいったん落ち着き、今後東京五輪までは再び高値に向かうという見方はないようです。しかし物件の種類やエリアによれば、まだ高値を維持しながらも成約しているケースもあります。そして東京五輪に向けてまだまだ建築費の高騰は続くと思われるので、新築の価格は下がりにくいと見ていいでしょう。

不動産売却益を狙うなら今? まだ売り時は続くのか

 

下がると主張する一部の人の意見

・空き家問題が増えている

・少子高齢化

・これ以上不動産の価格が上昇する理由が見当たらない

・不動産の価格が上昇していて、成約件数が落ちている

・外国人が5年超所有期間を過ぎたら一斉に売りに出してしまう

・海外からの送金規制で外国人の不動産購入が減ってしまう

 

現状維持または、まだ上がると主張する一部の人の意見

・東京オリンピックまで日本の不動産は注目される

・東京23区では、賃貸や民泊の需要が低くなることはない

・価格が落ちていくのは地方の不動産だけ

 

 

売り時も大事ですが、

売ることによって譲渡益が発生するのかどうか

 

譲渡益が発生するのであれば、3000万円控除(マイホーム売却時や相続不動産の売却時)が利用できるかどうか

3000万円の特別控除によっては、早めに売らないと利用できなくなってしまいます。※被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例の場合

 

 

売り時だけを考えると、投資不動産は2017年に売ったほうが良いかもしれません

 

中古マンション価格は4年連続上昇してきたし、2016年は成約件数や価格が落ちていた月もありました。2017年は価格上昇を望むことは難しいかと思います。

 

マイホームは売りたいときに売るのが一番良いかと思いますが、

投資不動産や相続不動産は年内に売却しておくことが吉かもしれないですね。