読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

家や住宅を買うタイミングはいつにするべきか

 

30歳超えてくると、家や住宅を買いたくなりますよね。

 

賃貸住宅の家賃もったいないし、

引っ越し代や更新料もったいないし、

広いところに住み替えたいし、

一つのところに落ち着きたいですからね。

 

 

会社からの家賃補助が出ていたり、実家の不動産を継ぐ予定であれば、話は別でしょうけれども。

 

 

 私自身は仕事で住宅を買ったり売ったりしているのに、まだ賃貸住宅に住んでいます。

でも、家賃もったいないんですよね。毎月16万円払ってます。しかも30平米と狭い。

 

毎月16万円の住宅ローンを組むならば、新築で70平米~80平米のマンションを購入できますよ。

 

 

家を買うということは、所帯をもったり、子供が小学校に入る年齢に近づいてきたり、家族構成が変わったりする理由が多いでしょう。

私自身、まだ独身なんですけどね。

 

30代、40代になってくると、年収も増えてくる、それにともなって税金も多く払わなければいけない。

 

税金もったいない、そして、家賃ももったいない

 

それならば、銀行からお金を借りられて、住宅ローン減税を利用して、買ってしまいたいという方は多いでしょう。

 

 

平成27年度国交省の住宅市場動向調査によると

 

注文住宅、分譲住宅の購入層で一番多いのは30代、次いで40代です。

 

世帯年収で一番多いのは400万円から600万円、次いで600万円から800万円、その次は400万円未満です。

ここら辺は地域によって変わってくるでしょうけれども。

 

本当は、子供が出来てから小学校があがるまでに買うのが理想のパターンでしたが、

 

もう、わたしは東京オリンピックが過ぎてから、不動産価格が下落するのならば、そのタイミングで居住用のマンションを購入しようと思ってます。

 

家賃もったいないし、住宅ローン組みたいですからね。

 

家を買うタイミング

・結婚したときに

・子供ができたときに

・子供が幼稚園にはいるときに

・子供が小学校にあがるまえに

・親と同居をするときに

・家賃補助がなくなったときに

 

 

はやくマンションの価格が落ちないかなぁ~

f:id:fudosan-kyokasho:20170118151738j:plain

 

 不動産バブルのピークには、主に1950年代生まれの世代が持ち家を購入していますが、この世代の人たちはその後のバブル崩壊によって住宅価格が暴落、大損する結果になりました。

家を買うタイミングは、値段が安いとき? 人生で必要なとき?

 

どうせ買うならば、マンション価格が4年連続上昇してるタイミングで

マンションを買いたくない