読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

不動産会社が物件を売る時に掲載する不動産サイトはどこだろう?

不動産売買

 

いまどきの不動産会社はネット広告で物件を宣伝して販売活動を行います。

ネット広告とは、有名不動産サイトに物件掲載をする方法が一般的です。

 

折込チラシやポスティングなどの広告方法はアナログなやり方で1回あたりの費用も高くついてしまい、費用対効果が低いこともあります。

 

 

ほとんどの不動産会社では、今どき中古住宅を販売するにあたって、広告活動はインターネットが主流です。

 

しかし、不動産会社がおこなうネット広告もお金がかかります。

不動産会社によってはネット広告にお金をかけていない会社もあります。

 

 

不動産会社と専任媒介契約を交わしたら、3か月は解除できません

 

それであれば、不動産会社と専任媒介契約を交わす前に、

不動産会社が物件を売る時に、どこの不動産サイトに物件掲載をするのか、確認をしておきましょう。

 

 

・レインズ

 

不動産会社はレインズに登録する義務があります。(専任媒介契約又は専属専任媒介契約の場合)

不動産会社によっては両手報酬を得たいために、囲い込みをする会社もあります。そのような会社はレインズにも登録しません。

宅地建物取引業法に違反することをわかっているのにもかかわらず、中にはレインズに登録しない不動産会社もあるでしょう。レインズは不動産会社しか閲覧できないため、登録していなくても、依頼者にばれないことが多いですからです。

 

・有名不動産サイト

athome(提携サイト:nifty・goo不動産・ocn不動産・不動産ジャパン・ハトマーク・その他9サイト)

HOME'S(提携サイト:楽天市場・Mapion・nifty)

SUUMO(提携サイト:nifty・goo不動産・ocn不動産・excite・その他12サイト)
Yahoo!不動産

上記の有名不動産サイトは、PV数やアクセス数が多く、テレビコマーシャルなどもやっています。

不動産サイトに掲載すれば、提携サイトにも公開されます。

 

 

上記サイトにすべて掲載するようなネット広告に力を入れている不動産会社もありますし、レインズに登録するだけの不動産会社もあるでしょう。

 

 

不動産会社と媒介契約を交わす前に、上記の不動産サイトに掲載をするかどうか確認をしておくことです

売却依頼する不動産が早く売れるためにも、確認は必須です。

 

上記のサイトにすべて掲載してくれてるのであれば、成約率も高くなるはずです。

 

 

 

不動産会社に売却依頼をしたが、全くネット広告されていなく、レインズ登録もされていなかった。

結局、1年2年たっても売れず、不動産業者が買い取ることになった。

 

そんな話が、多いとおもいますね。

 

 

 ちなみに収益物件の場合には楽待や健美家といった収益物件サイトがあります