読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の教科書

不動産全般やニュース、空き家・空き地の問題、不動産売買について取り上げていきます。

MENU

不動産会社の年末年始の休み

 

さて、ようやく、長期休暇がもらえる年末年始が近づいてきました。

 

ぼくは今年はどれぐらい休みをとっていたのかな。

怖くなるんで、計算しません。

 

 

 

私が勤めている会社では、年末年始の休暇は12月27日(水)から1月4日(水)までとなります。

 

以前、勤めていた不動産販売の会社では、年末年始も仕事でしたよ。

代休もありませんでしたし。

下記のようなスケジュールです。

 

  • 12月24日 仕事・・・街中の住宅はクリスマスツリーが飾られている。一軒家やファミリーマンションからは笑い声が聞こえてくる。そんな中、チラシのポスティング
  • 12月25日 仕事・・・同上
  • 12月26日 仕事・・・同上
  • 12月27日 仕事・・・同上
  • 12月28日 仕事・・・街中は年末年始の雰囲気になっている。そんな中、チラシのポスティング
  • 12月29日 仕事・・・同上
  • 12月30日 休み
  • 12月31日 休み
  • 1月1日 仕事・・・モデルルームの近くの神社(西新井大師前)でチラシ配り
  • 1月2日 仕事・・・同上
  • 1月3日 仕事・・・正月早々にチラシのポスティング

 

20代半ばの頃の経験です。この経験があるからこそ、今どんなに仕事でつらいことがあっても耐えられる気がします。

ポスティングしては、一部のマンションの住民の方に『チラシは迷惑だから、やめてちょうだい』

外でチラシ配りをしては、一部の方に『正月早々に神社前で配ってんじゃねーよ』

 

どやされたものです。

 

 

でも

世間では、年末年始も仕事をする方はいらっしゃるでしょうけれども。

 

 

不動産会社が長期休暇をもらえるとしたら、年末年始・夏季休暇・ゴールデンウィーク(世間とは、ずれる)ぐらいですから、年末年始がやってくることは非常に嬉しいことなんです。

 

大手不動産会社だったら、休暇の日数も長くもらえるでしょうけど、

中小の不動産会社では長期休暇がもらえない会社もあるでしょうね。

 

ここらへんは、社長によるでしょうね。

 

f:id:fudosan-kyokasho:20161224191719j:plain

 

イケイケの会社でイケイケの社長だと、休暇の日数も短かったりします。

困ることに休みの直前にならないと、休暇日数など教えてくれないんですよ

いつから休みになるのかもわからないし...だから予定もたてられないんですよね。

 

 

不動産会社に勤めていると、ほんとうに休みを実感ってできないんですよねー。

なぜだろうか?

 

・週一休み、または隔週週休二日制が多いから

・世間の休みと合わないため、実感が薄くなってしまう

 

世間の人は、木曜日や金曜日がやってきたら、喜ぶんでしょうけれども。

 

街中で皆が 『明日は休みだ!! 華金だ!! 飲むぞー!!』という一体感をあじわってるじゃないですか?

 

新橋や渋谷あたりでは、サラリーマンが楽しそうに飲んでますもん。うらやましいんですけど。

 

 

不動産会社に勤めていると、その一体感をあじわえないんですよー

 

月曜、火曜がやってきても、『明日は休みだなー』ぐらいです。街中の人たちで『明日は休みだ!!』という一体感をあじわえるっていいよなぁー。

 

それをあじわえない仕事、おおざっぱですが、下記のようなご職業の方々ですかね。

不動産、美容師、エステ関連、看護師、ホテル・宿泊業、旅行業界、サービス業、小売業、自営業

 

 

法律で強制的に土日を休みにしてくれないかな。